HOME > レシピページ > 今月のおすすめ食材 > ふきのとう

ふきのとう


食材 | ふきのとう

ふきのとうは、どこにでも自生するキク科の多年草です。早春に地下の根茎から苞をつけた花茎を出すのがフキノトウです。
中国では乾燥したフキノトウを「款冬花(かんとうか)」と行って広く薬用に使われていました。フキノトウはクエルセチン、ケンフェノール、苦味質、精油などが主な成分です。葉っぱには苦味配糖体や粘液、サポニン、コリン、タンニン、酒石酸を含んでいます。さらに、ビタミンA、ビタミンB1、B2が豊富で、消化を助け食欲を増進させる効果があります。
また、フキノトウはカルシウムやナトリウムなどのミネラルも含んでいます。リンとの比率が良いので体内に吸収されやすい特徴を持っています。

目利き・保存

・冷蔵保存の場合は約1週間程度です。
・冷凍保存する場合は、水で軽く汚れを落とし、お湯で2~3分くぐらせてから、水気をよく絞り、フリーザパックにて空気をしっかり抜いてから冷凍保存しましょう。これで約1ヶ月ほど保存可能です。

蕗味噌

     ふきのとうはお味噌汁や、炒め物、グラタンにしても美味しくいただけます。色々なお料理をお試しいただき、旬の料理を楽しんでください。