HOME > レシピページ > 今月のおすすめ食材

今月のおすすめ食材

旬の食材を食べるメリット

毎日の食事に置ける主食の占める割合はどれくらいでしょう?
「太りたくないらほとんど食べない」という人もいるのではないでしょうか?
薬膳では1回の食事バランスは主食6割・野菜海藻3割・魚や肉1割と考えられています。
これはもともと穀類中心の食生活をしてきた日本古来の食事バランスに近い形です。
また、人間の歯並びからも穀類を中心にすることが良いこともわかります。

 

メリット1:味が濃くておいしい

旬の食材は、そうでないときと比べて香りやうまみが豊富なので、味が濃く感じられる。そのため、少ない調味料でもおいしく味わうことができ、塩分や糖分などのとりすぎを抑えるのに役立つ。

 

メリット2:旬でない時期より栄養価が高い

多くの食材で、旬の時期はそうでない時期に比べ、栄養価が高い。例えば、キャベツの「β(ベータ)カロテン」や「ビタミンC」は、旬の時期のほうが多く含まれている。これらの栄養素は、細胞の老化などを防ぐ「抗酸化作用」が高い。

 

メリット3:鮮度がよく、価格も安い

旬の食材は、鮮度がよく、価格も安くなる。そのため、毎日の食事に取り入れやすい。