HOME > 商品のご紹介 > 燃えろ!365

燃えろ!365

m365-01.jpg

 

 

燃えろ!365とは?

温めに効果的な食材がぎゅっと詰まった国産生姜のスパイスミルクティーです。伝統的な温め食材が9種類も入った「燃えろ!365」は、即効性と持続性の両方を叶えた、サプリ仕様の美味しいミルクティーです。代謝が上がると「美容」や「ダイエット」にも効果大です。

 

 

寒い季節に食べられてきた伝統的な食材を手軽にお摂りいただける、甘さ控え目の健康飲料です。

ミルクティー風味で、ホットでもアイスでも美味しくお召し上がりいただけます。

 

 

m365-02.jpg

 

 

 

<使用している原材料>  

発芽玄米

白米と比べて栄養価が高く、ビタミンB1やミネラルを豊富に含んでいます。

m365-03.jpg 

 

米麹

飲む点滴と呼ばれる甘酒の元となっているものです。米麹にはビタミンB1、B2、B6、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ナイアシンなど、特にビタミンB群が豊富に含まれています。肌や爪や髪の毛を健やかに保ったり、疲労回復効果が期待されています。

m365-04.jpg 

 

黒大豆

黒大豆にはポリフェノール、イソフラボン、レシチン、タンパク質、カリウム、食物繊維、オリゴ糖、ビタミンB群とビタミンEがバランスよく含まれています。黒い食材は漢方では体を温めるものと言われています。

m365-05.jpg 

 

吉野本葛

葛粉の具体的な使い方としては漢方薬の「葛根湯」が有名でしょう。葛にはフラボノイドやサポニンなどといった結構促進効果が期待できる栄養を豊富に含んでおります。

m365-06.jpg 

 

シナモン

世界最古のスパイスとも言われているシナモン。紀元前4000年ころからエジプロでミイラの防腐剤として使われたのが始まりだと言われています。シナモンには体を温める作用、発汗・発散作用、健胃作用があり、体を温めるには最適の食材でしょう。

m365-07.jpg 

 

唐辛子

唐辛子は中南米が原産です。様々な種類があり、ピーマン、ししとう、パプリカなど辛味がないのも含まれるのです。唐辛子はビタミンAとビタミンCが豊富なことから、夏バテの防止に効果が高く、特に暑い地域で多く使われてきました。

m365-08.jpg 

 

生姜

2〜3世紀ころに中国より伝わり奈良時代にはすでに栽培が始まっていたと言われています。漢方では、生姜には発散作用、健胃作用、鎮吐作用があるとされ、発散作用は主に発汗により寒気を伴う風邪の初期症状の治療に使われています。

m365-11.jpg 

 

紅茶

紅茶は汲み取った茶の葉と芽を乾燥させ、揉み込んで完全発酵させた茶葉のことです。世界各地に様々な種類の紅茶が存在しますが、中でも最高と称されるのがダージリンのマスカットフレーバーです。紅茶には紅茶ポリフェノールが含まれ、このポリフェノールに風邪・インフルエンザに対する有効性があるとして注目されています。他には紅茶フラボノイド、タンニン、カテキンなども含まれていて、健康維持に最適の食材の一つです。

m365-12.jpg 

 

 

 

 

 

名称 燃えろ!365
原材料名 国産生姜、紅茶、シナモン、黒大豆、米麹、吉野本葛、唐辛子、レンコン、発芽玄米
内容量 210g(7g×30包)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて、保存してください。