HOME > 商品のご紹介 > ベビーフードとしての美利膳 > 離乳食

離乳食

離乳食から始める食育習慣

1番のポイントは赤ちゃんにもママにも嬉しい無添加で7大アレルゲンの、卵、乳、小麦、落花生、えび、そば、かにを不使用な点です。また、特定原材料に準ずるもの20品目は使用していません。

赤ちゃんの健康を維持し、成長・発達を促すために
日々の成長や発達状況を見つつ
食べる楽しさが体験できるような食育習慣にしていきましょう。

離乳食のすすめ方

開始時期生後5から6ヶ月頃  

離乳食を始める時期は生後5ヶ月から6ヶ月頃が適当です。

最初は滑らかにすり潰した状態の食べ物から与えましょう。

発達の目安

首のすわりがしっかりしている。  
支えると座れる。  
食べ物に興味を示す。  
スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる。  


進行生後7から9ヶ月後  
その1

離乳食を始めてから1ヶ月間は1日1回離乳食を与えましょう。

母乳または育児用ミルクを欲しがった場合は与えましょう。

この時期は離乳食を飲み込むこと、その舌触りや味になれることが主な目的です。

 
その2

離乳食開始1ヶ月を過ぎた頃から、離乳食は1日2回与えていきます。

母乳または育児用ミルクは離乳食の後にそれぞれ与え、離乳食とは別に母乳はこどもの欲するままに、育児用ミルクは1日3回程度与えます。

生後7、8ヶ月頃から舌で潰せる固さのものを与えます。

 
その3

生後9ヶ月頃から、離乳食は1日3回に増やし、歯茎で潰せる固さの食べ物を与えます。

食欲に応じて離乳食の量を具やし、離乳食の後に母乳または育児用ミルクを与えます。この時、鉄分の不足には十分に注意しましょう。

 


完了生後12から18ヶ月後  

この頃になると、形のある食べ物を噛み潰すことができるようになります。

エネルギーや大部分の栄養素を母乳や育児用ミルク以外から取ることができる状態になります。

※咀嚼は奥歯が生えるに伴い、乳歯の生え揃う3歳までにできるようになります。

 

美利膳を使った離乳食レシピ
ほうれん草の柔らか煮の写真  
■ほうれん草の柔らか煮
中期・もぐもぐ期生後7から8ヶ月後

材料

ほうれん草 10g
美利膳のだし汁 1/4カップ
    (50ccに美利膳大さじ)

調理時間10分 エネルギー38Kcal 塩分0.41g

-作り方-

1

手順1

ほうれん草は柔らかく茹でて、水にさらし、水気を切ってから、みじん切りにする。

2

手順2

だし汁で1を煮て、赤ちゃんに合わせて粗くすり潰す。

管理栄養士 住友先生からのアドバイス

先生

ビタミン・ミネラルが多い栄養野菜の代表『ほうれん草』。

モグモグ期は、葉先だけ使いましょう!

茹でた後冷水にさらすと色鮮やかに仕上がります。また、アクがあるのでしばらく水にさらしてからにしましょう。

おかゆに混ぜると食べやすいですよ!






さつまいも煮物の写真  
■さつまいも煮物
後期・かみかみ期生後9から11ヶ月後

材料

さつまいも 40g
ブロッコリー 20g
 にんじん 20g
美利膳のだし汁 1/4カップ
    (100ccに美利膳大さじ2)
調理時間10分 エネルギー129kcal 塩分0.85g

-作り方-

1

手順1

さつまいもは、皮をむいて水にさらしてアクを抜き、柔らかく茹でて8mmくらいにカットします。

2

手順2

だし汁で1を煮て、赤ちゃんに合わせて粗くすり潰したり、食べやすい大きさにほぐします。

管理栄養士 住友先生からのアドバイス

先生

さつま芋は糖分が多く消化されやすい食品で、ビタミンCも豊富です。

甘みがあるので赤ちゃんが食べやすく、またその甘みも自然なので安心です。

甘みを引き出すには、ゆっくり加熱してください。時間をかけて加熱すると、高熱では弱い酵素が働き、でんぷんを分解して糖に変えるため、甘みが増します。







かぼちゃとツナのコロッケの写真  
■かぼちゃとツナのコロッケ
完了期・パクパク期生後12から18ヶ月頃

材料

かぼちゃ 1/6個
玉ねぎ(みじん切り) 20g
ツナ(ノンオイル) 20g
美利膳   大さじ2
小麦粉   大さじ1/2
パン粉   大さじ1
  適量
  1/2
調理時間15分 エネルギー417Kcal 塩分1.03g

-作り方-

1

手順1

かぼちゃは1/6個を4等分にし、ラップでくるみ、レンジで1分20秒加熱する。粗熱が取れたら、皮を取り除き、器の中でフォークの背などで潰す。

2

手順2

みじん切りにした玉ねぎは、耐熱皿に入れ、ラップをして、レンジで40秒加熱し、1と合わせる。ツナも加え、美利膳を入れる。よく混ぜ合わせたら、3等分にし、好きな形に整える。

3

手順3

小麦粉→溶き卵→パン粉の順に、2をくぐらせていく。

4

手順4

小さなフライパンに少し多めの油(適量)を熱し、3を揚げ焼きにする。転がしながら、こんがりと色がつくまで加熱する。

管理栄養士 住友先生からのアドバイス

先生

かぼちゃはカロテンやビタミンC、ビタミンEがたっぷりな緑黄色野菜です。

ペースト状にしやすいので離乳食にはうってつけですね。

ツナはオイルやスープにつけたものより、ノンオイルで食塩無添加の品を選ぶと良いでしょう。

かぼちゃの自然な甘みを生かし、ツナを加え、ほんのちょっと噛み応えのあるコロッケはいかがですか?

かぼちゃはでんぷんが多いので電子レンジで簡単に柔らかくなります。

料理の手間も省けますね!

  • 商品のご紹介
  • 自然へのこだわり